倍率を気にする生徒は損

今日は大学受験の倍率の話をしていきましょう!

この話は近いことをブログでも書いています!(下をクリック)

大学受験は倍率=難易度ではない

受験が近づいてくるにつれて生徒からこんな感じの話を聞くようになってきます。

「私立の医学部は倍率が10倍とかで難しくないですか?」

この倍率=難易度という考えはいかがなものかと私は思ってしまいます。

倍率が高いから難しいということは全くありません。

東京大学理科Ⅰ類の倍率は2.5ですが、難しい!!

というのも、多くの人が東大に行きたいけど、受験できるレベルに達しないから倍率はそこまで高くないです。

(東大は足切りもあるので、尚更レベルの低い人は出願できません。)

でも、医学部志望者でなくて理科Ⅰ類に行きたい人は多いはずです。

ということは実質倍率はもっと高いはずです。

こういうことで倍率の高さが難易度の高さに比例している分では全くありません。

レベルの高い人と戦うのか、レベルの低い人と戦うかで倍率の意味は変わってきます。

倍率に圧倒されて、萎縮されるのはもったいないです。

 

>九州大学医学部発 

九州大学医学部発 "竜文会"



"竜文会"では難関大学現役合格のために全力で生徒をサポートします!

あなたの一生を左右する大学受験
今始めなければきっと後悔する。
一緒に頑張ろう!

頑張るという気持ちが一番大事です

電話:092-600-0101

mail: ryuubunnkai@gmail.com

CTR IMG