地方での教育格差

さて、最近は九州地方での教育格差が気になっております。

これは近年東大の合格者数が関東圏の高校の生徒で増えているように

全国的な問題なのかもしれません。

 

問題は大きく分けて二つあると思います。

・指導力

・情報量

地方の人はあまり感じてないかもしれませんが、

地方と都会での指導力の差は大きいです。

 

例えば個別指導の講師や家庭教師を採用するにしろ

大学生を講師として雇う場合は、

地方と都会での大学のレベルの差がはっきり表れてしまいます。

地方の大学生では自身の学力より上の大学を目指す生徒を処理することはできません。

 

一方、予備校なども地方より都会に優秀な人気講師が集まります。

そのため、指導力の差がまた顕著です。

 

同じ努力をしても環境の違いで負けてしまう!

これが今の悲しい現状ですね、、、

 

あとは情報量の違い!

これも大事なことと私は思います。

 

今年から宮崎県の生徒の学習指導をしておりますが、

やはり情報不足を感じていました。

身近にレベルの高い大学生講師もいないので、

なかなか地方では自身の合格に必要な情報を得ることができません。

同じ勉強時間でもする内容で差は出ますから、これも悲しいことです!!!

 

おそらくこれから先は、この格差は広がっていくばかりでしょう。

埋めることは難しくても、差を広げないために情報を発信していきたいです!

>九州大学医学部発 

九州大学医学部発 "竜文会"



"竜文会"では難関大学現役合格のために全力で生徒をサポートします!

あなたの一生を左右する大学受験
今始めなければきっと後悔する。
一緒に頑張ろう!

頑張るという気持ちが一番大事です

電話:092-600-0101

mail: ryuubunnkai@gmail.com

CTR IMG