高校の”課外”は多くの人にとっての天敵

受験生にとってのこの時期の課外は非常に考えものです。

あ、課外は福岡の多くの高校で朝と放課後に行っている補講の名称になります。

 

昨日、生徒と話してて学校の課外が課題に上がりました。

毎日、朝と放課後に課外がビッシリあるために勉強時間が十分に取れないとのことです。

その生徒は公立のK高校に通っているのですが、課外は全員参加!

60分~90分の補講が毎日、朝と放課後に行われています。

そのため自分で取れる勉強時間は4時間〜5時間が限界とのことですが、、、

これでは受験生にとっては心許ない気がします。

 

「え、課外で2時間ちょっと勉強しているから十分では?」

を思う親御さんもいるでしょう。

(確かに課外に参加していると言って安心されているのも分かります。)

 

問題はその課外で扱う内容が2時間分の学習時間に該当して、

今の自分にとって最適で必要な勉強かと言うことです!

 

生徒に聞くと、

例えば数学では90分で大学入試問題1題とのことです!!!

時間効率も良くないし、そのレベルが必要な生徒も限られてきます。

多くの生徒にとってはチャートなり、セミナーなりを進めた方が絶対に成績は上がります。

さらにそっちの方が最適で必要な学習でしょう!!!

90分あれば10題、いや15題解けるかもしれません。

それが多くの受験生にとってどれほど必要なことか、、、泣

 

希望制にするならまだしも、この時期の全員参加は受験生にとって気の毒と思ってしまいました。

レベルが足りてない生徒もですが、レベルが高い生徒も必要ない子はいるでしょう!

補講なんて、ピンポイントで最適な人は全体の5%くらいですかね。

そんなんだから個別指導塾が普及するわけですが、、、笑

 

必ずしも課外(補講)に参加=成績上昇ではありません

し、このことに多くの先生が気づかないのも悲しいことです。

>九大医学部発 

九大医学部発 "竜文会"



"竜文会"では難関大学現役合格のために全力で生徒をサポートします!

今始めなければ必ず後悔する。
一緒に頑張ろう!

いつでもお気軽にお問い合わせください。

電話:092-600-0101

mail: ryuubunnkai@gmail.com

CTR IMG