え、先生変わるの!?

竜文会

「中原先生、数学の先生新しくなってやばいです!!」

新しく高校3年生になった生徒がすごい剣幕で叫んできました。

話を聞くと
学年が変わるとともに数学の先生が変わった。
しかも、その先生の数学がちょっと分かりにくいらしくて受験どうしよう、と悩んでいるとのこと。

「悔やんでも仕方ないから、自分で頑張っていこう」
と励ましましたが・・・

実は、問題大ありだと思います。

先生の指導力が微妙なこと、は置いておきましょう。笑
(こればかりは運なのでどうしようもありません。)

問題は学年が変わったときに、担当の先生が変わることです。
そもそもこれってめちゃくちゃ効率悪くないですか?
先生によって問題の解き方も違いますし、教え方もさまざまです。
(大学受験に万能なマニュアルなんてありませんから笑)

教え方がうまくても、
1年目はA先生、2年目はB先生、3年目はC先生
なんて変わると生徒は大混乱。
「え、どっちの解き方がいいんだろう」なんてことになりかねません。

生徒にとって、1番いいのは1人の先生から3年間学ぶことです。
教え方の違いに戸惑うこともありませんし、
学習方針もブレません。

というか、
こんなの少し考えたら当たり前のことって分かりますから
1人の先生が3年間教えるのは最低条件でしょ?
って思ってしまいます。

まあ、文句言っても仕方がないですけど・・・

私は生徒を戸惑わせたくないので、
高校1年生の基本的な内容から入試問題演習までを1人で担当します。
教え方はともかく、
少なくても戸惑うことはないかなぁ〜なんて思ってますね。笑

こんな状況で受験と戦っていかなくてはならない高校生は大変。
受験までに乗り越えるハードルは100台以上ありそう・・・

頑張れ、高校生!

>九州大学医学部発 

九州大学医学部発 "竜文会"



"竜文会"では難関大学現役合格のために全力で生徒をサポートします!

あなたの一生を左右する大学受験
今始めなければきっと後悔する。
一緒に頑張ろう!

頑張るという気持ちが一番大事です

電話:092-600-0101

mail: ryuubunnkai@gmail.com

CTR IMG