大学受験 数学の勉強法 【福岡市の塾 竜文会】

こんにちは!塾長の中原です。

今回は大学受験の数学の勉強法について説明していきたいと思います。

数学に悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

私が高校時代、取り組んでいた勉強法を簡単に説明します。

 

数学の勉強の流れ

まず、全体としての流れを説明しましょう!

① 問題を解く

② 解説を読む

③ 解けなかった問題は解答をノートに書く

④ 全体を俯瞰し、解答の流れを自分の中でまとめたり、ノートに要約する

⑤ 当日、遅くても翌日には復習を行う

⑥ テスト前など後日必ずもう一度復習を行う。

 

さて、流れを上のような感じになると思います。

では、一つずつ注意すべき点を説明していきましょう!

 

① 問題を解く

まず、問題を解く時ですが、大事なのは最低5分は考えること。

それでも分からなければ解説を見ましょう!

悩みすぎるのは時間の無駄ですが、

数学は自分で考え思考力をつけなければ、一定以上のレベルには到達しません

  

日常の学習から、答えの暗記でなく自分の思考力を鍛えるを怠らないように取り組みましょう!

「勉学に励む生徒と勉学を諦めた生徒。学校生活における格差社会」の写真[モデル:Max_Ezaki 河村友歌 大川竜弥]

② 解説を読む

解説は読むだけではいけません。

しっかりと読み込み自分の中にしっかりと落とし込むこと!これに尽きます!

具体的には、応用問題になればなるほど

① いくつもの知識・公式が使われています。

② 解答している内容ごとに自分で解答を分解します。

 例:三次関数の問題では 
     ①導関数を求め、接戦の式を導く 
     ②これがある点を通るときの接点の個数を判別式を用いて求める など

③ この流れを自分の中でストックしていく。

 

要するに数学の難しい問題はいかに分解して基礎問題のレベルに落とし込むかというのを問われています。

応用問題を解く際は上記のように、基礎問題はこの状況ではこの解き方というように、問題と解答を1対1対応させていきましょう!

これが数学で解説を読む際に最重要視するべきことです。

 

③ 解答を書く

ただ、解説を写すだけでなく、上で理解した流れがわかりやすいように

ノートにまとめましょう!

自分の考えたことをクリアにまとめると言ったことにこの段階を使ってください!

④ 全体を俯瞰し、流れを要約したりする

これは上記までの意識したことの復習です。

解答を書いた後、すぐに次の問題に行くのではなく、

必ず問題全体を見て、もう一度流れをイメージしましょう!

なるべく一つの問題から多くのことを吸収するようにしてください。

 

⑤⑥ 復習する

復習は早ければ早いほど効率がいいです。

それは早いほど復習にかかる時間が短くて済むから!

私は少なくとも、授業の内容はその日に復習、またテスト前に復習。

と言ったサイクルで勉強していました。

まとめ

今回は数学の勉強の際に気をつけることをすごく簡単に説明してきました。

この得体の知れない奴は誰だ?と思われる方は是非私の紹介ブログに目を通してください!

>九大医学部発 

九大医学部発 "竜文会"



"竜文会"では難関大学現役合格のために全力で生徒をサポートします!

今始めなければ必ず後悔する。
一緒に頑張ろう!

いつでもお気軽にお問い合わせください。

電話:092-600-0101

mail: ryuubunnkai@gmail.com

CTR IMG