大学受験 物理が苦手な人が多い理由

こんにちは。

九大医学部発 大学受験塾 ”竜文会“ 塾長の中原です!

 

今まで多くの受験生に関わってきましたが、

物理が苦手な受験生が多い気がします。

心当たりがある受験生もいるのではないでしょうか笑

 

今回はなぜ物理が苦手な受験生が多いのかについて

私が考える理由をお話していきましょう!

物理とは

「そもそも物理とはどういう科目なのでしょうか?」

 

私は物理は最も時間がかからず簡単に成績が上がる科目だと考えています。

というのも

・覚える公式の数が少ない

・応用問題も演習を積めば比較的すぐに対応できる

・そのため時間と比例して成績は上がる
と言った特徴が物理にはあります。
 
「では、なぜ物理が苦手な生徒は多いのか?」
理由を説明していきましょう!
「アンテナラインの帯と物理ボタン(ホームボタン)」の写真

① 学校で進度が遅い

まずこの理由が多いような気がします。

一部の進学校を除き高校1年生の間はほとんどの高校が数学と英語に時間を割くので、理科の進度は非常に遅いです。

時間をかければ成績の上がりやすい理科ですが、勉強する時間が少ないようでは勿論成績は上がりません、、

 

見てきた多くの生徒で多くがこの理由で理科を苦手としていました。

② 問題集がない

次の理由としては問題集がないということです!

これは物理の問題集でいいのがないということではありません、、

 

物理ではいわゆる入試問題への橋渡しを担う問題集があまりないのです、、

物理の勉強としては

・教科書、傍用問題集

・学校で配布される問題集

・重要問題集、名門の森といった入試問題集
という感じで勉強することが多いです。
 
しかし、物理の場合は化学と違い、重要問題集を難しいと感じる人が多く、この前の段階と問題集のレベルの差が少し大きいのです。
そのように物理では次のレベルの問題集にスムーズに入れず、勉強が捗らない人が多いと思います。
 
少し前に
「物理Ⅰ・Ⅱ精選問題演習」(旺文社)という橋渡しを担う良い問題集がありましたがなくなったようです泣
 
物理は、先生や自分よりレベルの高い人にアドバイスをもらい今のレベルに合った勉強をしていくのが最も大事な科目のような気がします!
 
学校の授業では教科書の内容を行い、宿題でリードαを出す学校があります。
しかし、リードαは初学者にとって中々レベルが高いです。
丁寧に順を追って勉強していくことが物理の成績を上げる王道です!

 

まとめ

今回は私が日々感じている物理が苦手な人が多い理由をお話してきました。

少しでも参考にして勉強してくれたらなと思っています。

 

当塾では物理の指導もしっかりしておりますので、苦手→得意と変えることも可能です!

興味を持っていただいたらお気軽にお問い合わせください!

 

もし今回の記事で気になったことがあった方や当塾に興味を持たれた方は気軽にご連絡ください!ご質問は以下のボタンやLINEから出来ます!

>九州大学医学部発 

九州大学医学部発 "竜文会"



"竜文会"では難関大学現役合格のために全力で生徒をサポートします!

今始めなければ必ず後悔する。
一緒に頑張ろう!

いつでもお気軽にお問い合わせください。

電話:092-600-0101

mail: ryuubunnkai@gmail.com

CTR IMG