化学 重要問題集の使い方と問題数

九医流!化学・重要問題集の使い方と問題数をガチで解説

「重要問題集を使いたい。けどどのように取り組めばいいか分からない」
「化学の重要問題集っていつからすればいいの?」

今回はこんなあなたの悩みに答えていきます。

 

大学入試、特に難関大学を目指すあなたにとって欠かすことのできない問題集が「化学 重要問題集」(数研出版)です。

この記事では、「化学 重要問題集」の使い方を徹底的に解説しております。

あなたの化学の勉強に少しでも役に立てれば幸いです。

 

・ラ・サール高校→九州大学医学部医学科
・第1回 駿台全国模試 化学 偏差値90
・九州大学入試本番 化学 9割↑

 

化学 重要問題集のレベル

では、まずは化学の重要問題集のレベルについてお話ししていきたいと思います。

どんな問題集もそうですが、その問題集のレベルを正確に把握して自分がするのに適しているかどうか知ることは非常に大事になってきます。

 

化学 重要問題集のレベル

化学の重要問題集のレベルとしては、入試演習初級〜中級といったところでしょう。

初級と書きましたが、あくまで入試演習としてレベルです。

なので、「教科書を読んだだけ」「学校の授業で習っただけ」という人は非常に難しく感じると思います。

 

また初級〜中級書きましたが、入試化学に必要な知識・解法を一通りこの問題集で学ぶことが出来ます。

東大・京大や旧帝の医学科を除く国立大学を志望する場合はこの問題集までを完璧にすれば入試で十分に戦える!この認識を持ってください!

つまり多くの人にとって、「化学 重要問題集」は最初に取り組むべき問題集ではなくゴール(最終目標)です。

 

この一冊を三周し完璧に仕上げていく!さらに上の大学を目指す人にとってもこれは1つの基準であり、目標にするべきことです

まずはそれほど重要な問題集であることを知りましょう。

(あ、だから重要問題集なのか笑笑

 

化学 重要問題集を始める時期

ではいつからこの問題集に取り組むべきなのか?

 

この問題集に取り組むべき時期ですが、難関国立大学を目指す場合の理想は高校3年生の4月です!!

もちろんそれより早く始めても構いません。(というか、福岡市の公立高校や中堅私立に通っている生徒は学校の進度が遅すぎるので、現役合格を見据えての勉強だともう少し取り組み方を考えなくてはなりません。)

 

ここで一つ疑問に思うことがあるでしょう。

え、高校3年生の4月は学校で化学の授業終わってないよ?という高校生がほとんどです。(終わっている学校の方が少ないので、これはそこまで驚くことでありません。)

しかし、その人達も理論化学だけなら授業が終わっていると思います。

高校3年生の始めに重要問題集の理論化学の内容だけでも終わらせる!

これができればかなりアドバンテージになることは間違い無いです!

(私が高校生に指導するときは高校3年生の4月に時期に、化学・重要問題集の理論化学が終わるように指導しております。)

 

でも決して焦ってはいけません。

重要問題集は基本ができてなくて取り組んでも、得られるものは少ないですからしっかり段階は踏みましょう。

学校の授業の内容の理解+暗記とセミナーなどのやや簡単めの問題集を簡単にして重要問題集に取り組みましょう!

(セミナーなどの多くの高校で配布される教科書傍用問題集を終わらせておくことは絶対です。でないと重要問題集に取り組む意味はないです。)

 

関連記事

こんにちは! 九州大学医学部発 大学受験塾 竜文会です。   このブログでは受験生にとって有益な情報を日々発信しております! 今回は「セミナー化学基礎+化学」についてお話ししていこうと思います! 多くの人が高[…]

セミナー化学基礎+化学のレベル・使い方〜基本問題だけ?〜

 

大学入試の勉強はしっかり基礎から身につけないと難しい問題は解けるようにはならないので、「高校3年生の4月から重要問題集を始めるべき」というのを聞いて焦ってすぐに始めるのはやめましょう。

あくまで基礎からしっかり積み重ねることが大事です。

 

化学 重要問題集の使い方・問題数

ではいよいよ本題に入っていきます。

重要問題集の使い方を問題数を紹介しながら解説していきます。

 

化学 重要問題集の問題数

具体的な使い方を解説していくにあたり、重要問題集に収録されている問題数が参考になりますので簡単に紹介しておきます。

※ 作成にあたり「2021実践 化学重要問題集」(数研出版)を使用しています。

単元A問題B問題
物質の構成粒子10問4問
物質量と化学反応式11問8問
化学結合と結晶10問5問
物質の三態・気体の法則11問6問
溶液10問6問
化学反応とエネルギー8問5問
反応の速さと化学平衡10問6問
酸と塩基の反応12問6問
酸化・還元
電池と電気分解
12問6問
非金属元素12問5問
金属元素10問3問
無機物質の性質・反応7問5問
脂肪族化合物9問5問
芳香属化合物7問3問
有機化合物の
構造と性質・反応
14問7問
天然高分子化合物6問5問
合成高分子化合物7問4問
巻末補充問題14問

重要問題集は各単元で、問題の難易度によりA問題とB問題(やや難しい)に分かれております。

問題数としては300問弱となっており、セミナーなどの教科書傍用問題集と比較すると半分くらいになっています。

その分一問一問は重くなっています。

セミナーの応用問題が重要問題集ではA問題に該当するといった認識でいいかと思います。

 

化学 重要問題集の使い方

それでは重要問題集の使い方を話していきましょう。

とはいっても基本的に、既に習っていて十分に基礎問題の演習が積めている分野から順に解いていけばいいと思います。

(何度も書きますが、基礎分野の演習が積めているというのが大事です。いきなり重要問題集に取り組むのはやめましょう。)

 

いきなりB問題まで解くのは難しいという人もいるでしょう。

これは別にあなたに問題はありません。

難しい問題になると解けなくなるのは多くの人に当てはまります。

その場合はまずはA問題だけこなしていくのがいいでしょう。

A問題だけ反復してこなすので十分力にはなります。

 

大事なのは3周して完璧にすること!

他の記事でも書いていますが、復習は早めの方がベターです。

早くすればするほど、復習にかかる時間は短時間ですみます。

 

なんにも考えずに重要問題集を3周するだけで化学に関しては志望校を超えるレベルは身に付いていると思います。

 

オススメ記事

こんにちは! 九州大学医学部発 大学受験塾 竜文会です!   今回は、九州大学入試の化学について解説していきたいと思います。 本日の記事の内容は以下のとおり ・九州大学の化学の問題の傾向・九州大学の化[…]

九州大学の化学の勉強法!傾向から難易度・過去問の解き方まで解説
>九州大学医学部発 

九州大学医学部発 "竜文会"



"竜文会"では難関大学現役合格のために全力で生徒をサポートします!

あなたの一生を左右する大学受験
今始めなければきっと後悔する。
一緒に頑張ろう!

頑張るという気持ちが一番大事です

電話:092-600-0101

mail: ryuubunnkai@gmail.com

CTR IMG