学校の授業の進度が遅い!対策と解決法【大学受験合格のため】

こんにちは!

九大医学部発 大学受験 個人塾 竜文会です!

 

本日は多くの高校生が悩んでいるであろう学校の授業について書いていこうと思います。

おそらく多くの学校では「学校の授業が遅い!大学受験に間に合わないのでは?」と悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

この記事では学校の授業の進度が遅いことについての対策と大学受験合格にはどのようにすればいいのかといった内容を書いていきます。

 

多くの人は、「塾に行って先取りをした方がいいのでは」とか考えているのではないでしょうか?

この記事を読んで正しい考えを持っていただければと思います。

 

関連記事

大学受験で先取りはするべきなのか?

九大医学部流!九大医学部に合格するための勉強法!

九州大学に合格するための福岡での塾・予備校選び!

学校の授業の進度が遅いとは

学校の授業内容が終わるのが高校3年生の冬

これはよく耳にします。

理系の理科や数学Ⅲの履修が終わるのが、高校3年生の11月とか冬休み直前までかかる学校が多くあります。(福岡は多くがかんな感じみたいです。)

→ちなみに先取り塾は福岡ではそこそこありますが、近年の福岡市の高校の現役合格率を考慮するにこれはおそらく正しい勉強ではありません

(数値が証明しているので疑いようもないですね、、)

 

この学校の授業が終わるのがとてつもなく遅くて、受験に間に合わないという不安・悩みもしっかり後で解決していきます。

 

受験に必要な科目を高校1年生でしない

これは私も聞いて非常に驚きました。

高校では理科と社会を3科目履修しないといけないという規則があるので、高校の中には受験に必要のない科目を高校1年生でして、受験に必要な科目は高校2年生から始めるところもあるみたいです。

 

全く受験には向いていないカリキュラムと私は思いました。福岡市の某高校では、物理を高校2年生から始めるとかで、それは結果出ないなと思ってしましました、、。

ということで、このような科目がある学校への勉強対策も書いていこうと思いますので、塾に行って先取りを始める前に読んでいただければと思います。

  

授業の進度が遅いことへの対策法

先取りはしない

まず大事なことは、「学校の進度が遅いから先取りをしよう」という考え方では多くの人が大学受験に心配するということです。

 

先取り=正義という風潮が受験業界にあり、先取りを売りにしている塾も福岡には多くありますが、そもそも福岡の最難関大学への現役合格率が低い時点で正しくないことが証明されています。

先取りはラ・サールや久留米附設などの進学校が行うものであり、学校の進度が遅い高校生がむやみやたらと飛びつくものではない!これが大事な認識です。

 

でも、先取りはきちんとできれば非常に強みにはなってきます!

高校3年生で問題演習をする時間が増えてくるので当たり前ですね、、

しかし、多くの塾がとりあえず先取りを推してしますから多くの受験生が現役では失敗してしまうわけです、、泣

 

キチンと先取りをする!これが非常に大事ということです!

 

では、キチンととはどういうことなのでしょうか?

今、先取りをしようと塾・予備校選びをしている高校生はとりあえず今までに学校で習ってきた範囲の問題演習をどれほどしているか考えてください。

もう今まで習った範囲ならどんな難問でも解けます!」という人は先取りに走ってもいいかもしれません。

ですが、そんな人はほとんどいないと思います、、

 

履修分野も問題演習していないのに先取りを始めると、前の分野の内容を忘れてしまい、後で勉強するときにはかすかに記憶にはある、、という感じになりがちです。

効率のいい先取り学習が非常に効率の悪い先取り学習になってしまうわけです笑

 

とりあえず学校の授業で履修した範囲を仕上げていきましょう!

先取りを考えるのではそれからでも十分です!

 

大学受験の問題は到達するべきところは高いので、問題演習はいくらでも積むことができます。

学校の内容に満足せず、積極的に問題に取り組んでいく!先取りなんかより非常に効率がいい勉強ではないでしょうか?

 

どうしても先取りをしたいなら

上記の勉強をこなして先取りがしたい!または学校の進度が遅すぎるので先取りをしないと間に合わない!

こんな人も出てくると思います。

 

このような場合は先取りをするのに効率のいい科目があるので、そこからしていきましょう。

とりあえず先取りをするのに効率のいい科目は英語です。

 

理由としては先取りを自分でしても全く負担にならないから!

あとはそもそも英語の内容は学校によって違いすぎて学校の勉強だけしていても受験で戦う力は全く身につかない!このような理由もあります。

 

英語は単語を覚えたりするのは全く負担にならないと思うの絵、先取りをしたいなら最も優先して行う科目だと思います。

その次は国語(現代文+古典)ですね。

英語と国語に関しては高校2年生の終わりで受験で戦える力をつけておくと、高校3年生では数学と理科に時間を避けるので先取りとしてはオススメの科目です。

 

というような感じで高校生は先取りを考えるのがいいと私は考えています。

先取りは進学校がするもので、真似しようとすると失敗しやすい!

これを念頭に置いてください!

(私の持論ではなく、数値で証明されているので真実です、、)

 

今回の記事で何か木になることがありましたらいつでもご質問ください!

ご質問は以下のボタンやLINEから出来ます!

 

関連記事

九大医学部卒講師の指導!大学受験なら”竜文会”!

大学受験で先取りはするべきなのか?

九大医学部流!九大医学部に合格するための勉強法!

九州大学に合格するための福岡での塾・予備校選び!

>九大医学部発 

九大医学部発 "竜文会"



"竜文会"では難関大学現役合格のために全力で生徒をサポートします!

今始めなければ必ず後悔する。
一緒に頑張ろう!

いつでもお気軽にお問い合わせください。

電話:092-600-0101

mail: ryuubunnkai@gmail.com

CTR IMG