防衛医科大学校の入試の偏差値合格最低点・難易度・倍率・対策

防衛医科大学校の入試の偏差値・合格最低点・難易度・倍率・対策

こんにちは!

九州大学医学部発 大学受験塾 竜文会です。

 

今回の記事では防衛医科大学校の大学入試について紹介していこうと思います。

防衛医科大学校は合格最低点を始めてとしてあまり入試情報が公表されていません。

そこで、多くの受験生の参考になりように知っていることを書いていこうと思います。

(※ ここでの情報は生徒から聞いた情報などに基づいているので、中には誤った情報があるかもしれませんがご容赦ください。)

 

防衛医科大学校の入試形式

 

さて、ではまず防衛医科大学の入試形式について書いていきます。

防衛医科大学は共通テスト前に受験があるため、共通テストの点数は利用しません。

 

しかし、その代わりか択一式の試験が記述式とは別にあります。

つまり防衛医大の入学試験は

 

共通テスト×
択一式
記述式

 

と言った感じになります。

特に択一式はかなり独特で、多くの受験生は戸惑うでしょう。

では、それぞれ簡単に解説していきます。

 

防衛医科大学・入試 ①択一式

まず択一式の試験ですが、

90分で国語・数学・英語を解答します。

30分ずつではなくて、合計90分の試験で時間配分は各個人に任されます。

 

択一式 国語

では、各科目簡単に説明していきます。

国語は、一つの長文(現代文)に対して問題が10問出題されます。

出題される長文の癖はやや強めですが、共通テストにむけてしっかり現代文の対策を積んでいる人ならば正直余裕です!

 

レベル的には、共通テスト(旧センター試験)よりも簡単で標準的な問題といったところでしょうか。

 

択一式 英語

英語ですが、一つの長文に対して問題数は15問!

15問と言っても、単語の穴埋め問題が5〜7問あるので問題数自体はそこまで多く感じません。

ちなみに長文の難易度はやや難くらいかと思います。

 

出題内容としては、

 

単語穴埋め5〜7問
語句整序2〜3問
段落穴埋め1問
内容一致問題1〜3問
単語の意味問題1〜2問
タイトルを決める問題1問

 

こんな内訳になっており、英語の総合力が試されます。

特に穴埋めの単語の選択肢は中々単語の難易度が高く、絶対的な語彙力とともに文脈から推測する力・品詞から選択肢を絞り込む力が必要です。

 

択一式 数学

次に数学ですが、これは択一式の中で一番厄介な科目です。

(後で説明しますが、時間配分が非常に大事になってきます。)

 

数学の問題も英語と同様に15問あります。

ただ、数学はすぐに解答できる1問1答たいな問題は存在しません。

 

問題のレベルは標準的な問題〜やや難の問題が揃っており、分野的にはⅠAⅡBが中心的に満遍なく出題され、数Ⅲも少し出題されます。

センター試験で形式への慣れと共に点数が上がっていくような試験ではなく、数学の絶対的な基礎力を必要とするいい試験です。

 

防衛医科大学の択一式は数学勝負!

おそらく受験する人の大半はこれを感じるでしょう!

 

防衛医科大学・入試 ②記述式

択一式の試験が終わると、引き続き記述式の試験が行われます。

防衛医科大学の記述式の問題は国語・数学・英語・理科と4科目行われます。

 

択一式でお疲れのところにそれよりも難易度が高い試験がやってくるので、中々大変です笑

 

記述式 国語

では各科目書いていきますが、まずは国語からです。

防衛医科大学の記述式の国語は

60分で大問が2つ出題されます。

 

第1問現代文10問程度
第2問古文6〜8問程度

 

問題構成は現代文+古文で、そこまで時間に圧迫されることはありません。

形式は記述式ですが、そこまでガッツリした記述問題ではなく選択肢の問題が多めで、記述では語句の意味を書かせる問題なども出題されます。

現代文や古文の記述式の問題を勉強していない人でもそこまで苦ではないライトな試験かと思います。

 

しかし、古文などは文法的な解釈も出題されるので、単語をある程度覚えてフィーリングで読んでいる人にはきついかもしれません。

 

記述式 数学

数学は100分で大問が3〜4題

数学の問題はかなり難易度が高めです。

 

出題形式は、

大問1が小問集合となっています。

しかし、この小問集合が曲者で、小問集合とは言えど普通に入試問題が3〜4問ある感じです。

小問集合=簡単では全くありません。

 

第1問小問集合
第2〜4問数Ⅲメイン

 

問題の難易度としては地方国立大学の理系数学よりは格段に難しいでしょう。

(しかも国立の二次試験の4ヶ月前が入試日ですからかなりきついです笑)

加えて、数学Ⅲの完成度がこの時点でかなり求められてきます。

 

私としては、数学Ⅲの完成度がわかる実力試しのいい試験かなと思っています。

 

記述式 英語

英語は100分で大問が6〜7題と中々ヘビーな試験です。

特徴としては、医大であるためか医療英単語がよく出てきます!

 

問題形式としては

・単語穴埋め

・段落整序

・語句整序

・和訳

・内容一致問題

とこれまた、英語の総合力を必要とします。

 

問題構成はいいと思うんですが、それにしても医療英語が多い気がするんですよね笑

(できる人は対策してもいいかもしれません。)

 

英語の長文の難易度としては、標準レベルが多いのですが、医療英語をあまりにも知らないと読むのに困惑するかもしれません。

 

記述式 理科

では最後に理科ですが、

理科は120 分で2科目!つまり1科目60分です。

科目は化学・物理・生物から選択となっています。

 

多くの大学は75分ですが、防衛医科大学は60分なのでかなり時間的にタイトな試験です。

しかも計算問題が結構多く、時間内に解き終わるのは難しいかもしれません。

 

物理

物理は3題出題されます。

・力学

・電磁気

・波動or熱力学

構成は多くの大学と同じ感じです。

 

問題レベルは標準から少し難しいくらいですが、特に現役生は電磁気が完成していない人が多く難しく感じるかもしれません。

また、時間内に解答を終えるにはかなりの学力が要求されます。

多くの人にとって、理科の学力の足りなさを痛感し、勉強に気合を入れ直す試験になるかもしれません。

 

化学

化学も大問は3つからの構成になり、

・理論化学

・無機化学+理論化学

・有機化学

と満遍なく出題されます。

 

問題のレベルは標準レベルですが、

有機化学では高分子化合物までしっかり出題されます。

私が教えている生徒もそうですが、学校の進度が遅くて多くの高校ではこの時点でここまで履修を終えていません。

 

防衛医科大学校の偏差値

 

さて、防衛医科大学校の偏差値ですが、

駿台全国模試のA判定偏差値が70となっております。

 

具体的にどのくらいかと言いますと、

東京大学理科Ⅰ類のA判定偏差値が68、九州大学や東北大学や名古屋大学のA判定の偏差値が71くらいです。

 

防衛医科大学校の難易度

 

偏差値のところでも少し書きましたが、防衛医科大学の難易度はかなり高いです。

現役生が10月に受験して、一次試験を通過した場合の学力は大体東京大学理科Ⅰ類・旧帝大医学科レベルと言われています。

 

学力の一つの基準にもなるために、実力を測るために受験を勧める高校もたくさんあります。

 

難易度を高めている大きな原因は、

・実力を測るために全国の猛者が受験すること

・完成していないのに難易度の高い問題が幅広く出題されること

この2つが挙げられます。

 

防衛医科大学校の倍率

 

では、倍率を書いていきます。

 

年度募集枠受験者数合格者数倍率
2020855,19932216.1
2019856,11328319.5
2018856,62233617.7
2017856,81533818.1
2016856,72333718.0
2015857,24028622.7

※ 合格者数は二次試験通過者の数です。

 

二次試験合格者までで倍率が計算されているので、倍率は非常に高くなっております。

一次試験を受験して合格するも、二次試験を受験しない人はかなりの人数いますから、実際は一次試験の合格者は1,000人以上はいると思います。

そして、二次試験で落とされることはほとんどないでしょう。

 

防衛医科第学校の合格最低点

 

では、みなさんが気になる合格最低点ですが、これは公表されていないので具体的な数値はわかりません。

しかし、生徒から話を聞いてたりすると大体の数値はわかりますので、それを記載しておきます。

 

あくまで予想なので参考程度にお願いいたします。

択一式:7割前後
記述式:6割弱

これが最低ラインかなと思います。

 

大体このくらいの得点率なら、合格している気がしますね。

※ あくまで参考程度にお願いいたします。

 

防衛医科大学校の入試の対策

 

さて、そんな防衛医科大学の対策ですが、かなりのレベルまで対策しておく必要があります。

正直問題のレベルも高いので、基礎レベルの問題集までしかこなさない場合は太刀打ちできません。

 

防衛医科大学 問題集

とはいえ、特別な問題集などは必要ありません。

あくまで国立や私立の二次試験の勉強を進めたらいいと思います。

 

数学の問題集(例)

・チャート式(基礎)
・1対1対応の数学(応用)
・スタンダード演習(発展)

※ あくまで1例です

 

上のように、大学受験にむけて日常の勉強をこなしていけば、それが対策につながります。

防衛医大は他の科目もそうですが、そこまで特別な対策は必要ありません。

(過去問はしっかり取り組むことをおすすめしますが、、)

 

このように他の科目も日々の勉強にしっかり取り組んでください!

 

防衛医科大学 過去問演習

過去問演習はしっかりすることをお勧めします。

具体的には

・択一式(5年分程度)
・記述式(2〜3年分・少なくとも1年分)

択一式はできるだけ解いていた方がいいかもしれません。

 

というものの、時間配分が非常に大事になってきます。

「1科目30分で解けばいいんでしょ?」の考えで挑んだら確実に失敗します。

 

理想の配分は

・英語(15分)
・国語(15分)
・数学(60分)

で、国語・英語→数学の順番に解答するのがいいと思います。

 

九州大学医学部発 ”竜文会”

 

九州大学医学部を卒業して、塾業界に従事する講師が経営・指導する学習塾になります。

自身の合格・生徒の指導の経験をもとに、九州大学合格に必要な指導を適切に行なっていきます!!!

 

提供するサービスとしては、

・問題演習ベースの効率的な授業
・個人毎のカリキュラム作成
・過去問演習
・質問対応など

これらを始め大学受験に必要なサービスを提供いたします。

 

最強のポイント 至高のテスト

”竜文会”で、一番おすすめするポイントは、

テストにあります。

生徒が最もモチベーションが上がり、勉強効率が良いのはテストに向けて勉強している時です!

それなのに学校の定期テストなんて受験に役に立たないと勉強をなめている人も多いのはないでしょうか?

(実際に多くの高校で定期テストが大学受験を見据えて、最適な形で作られてていることは少ないです。)

 

”竜文会”では、学力の確認を含めて定期的にテストを実施します。

問題集の内容そのままと言った手抜きのテストではありませんし、完全に別物と言ったものでもありません。

問題をやり込んで自分のものにすると解答できると言ったような、普段の学習の精度を高めることができるテストを作成します。

 

テストの質では九州で一番!!!

(テスト作成は九州大学医学部卒講師が丁寧に行います。)

これは自負しております。

 

生徒の声

Hさん

広島女学院卒
九州大学医学部志望


 1浪目に通っていた予備校では、平日毎日9時30分〜17時頃まで授業があったため、予習が大変すぎて復習が全く追いつかず消化不良に陥ってしまい、受験に失敗してしましました。

 ”竜文会”では、自習の時間がしっかり取れて、先生が一人一人に合った毎日の学習計画表を作ってくれるので、今のところは去年の敗因と思われる消化不良を起こさずに頑張れています。

また、わからない問題があればすぐに質問して解決するし、苦手な科目・分野は希望すれば補講をしてくれるので安心です。

その他の生徒の声はこちらから

 

連絡先

今回の記事や”竜文会”について興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください。

お電話

092-600-0101

メール

ryuubunnkai@gmail.com

LINE

以下のボタンより公式LINEを友達に加えることができます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせはこちらから

>九大医学部発 

九大医学部発 "竜文会"



"竜文会"では難関大学現役合格のために全力で生徒をサポートします!

今始めなければ必ず後悔する。
一緒に頑張ろう!

いつでもお気軽にお問い合わせください。

電話:092-600-0101

mail: ryuubunnkai@gmail.com

CTR IMG