九州大学の化学の勉強法!傾向から難易度・過去問の解き方まで解説

九州大学入試の化学の勉強法!傾向から難易度・過去問の解き方まで

こんにちは!

九州大学医学部発 大学受験塾 竜文会です!

 

今回は、九州大学入試の化学について解説していきたいと思います。

本日の記事の内容は以下のとおり

・九州大学の化学の問題の傾向
・九州大学の化学の難易度
・九州大学の合格のための化学の勉強法

この記事を読んでもらえてたら、九州大学の入試で有利になることは間違いありません。

化学が得意な人から苦手な人まで是非参考にしてください!

 

九州大学の化学の勉強法 筆者

 

中原

九州大学医学部発 大学受験塾 竜文会 塾長

私立ラ・サール高校卒業
九州大学医学部医学科卒業

化学の成績
・高校3年時 第1回駿台全国模試 偏差値86
・九州大学本試験 118/225点

高校時の化学の勉強内容
・学校の教材(アクセス、実力をつける化学、重要問題集)
・入試問題集
・化学の新演習
・東大の化学25カ年

 

高校の時に自身が行った勉強・指導の経験に基づき、的確に必要な正しい勉強法をお伝えします。

自身の勉強でも不要なところはありましたので、必要な勉強のみを記載します。

(的確な勉強法は効率は何倍にも上げていきます。)

 

全ての勉強法を行った上で記載しております。

取り組んでもない問題集・参考書をお薦めしていく記事ではないのでご安心ください笑

 

九州大学の化学の問題の傾向

 

さて、まずは九州大学入試の化学の問題の傾向から書いていこうと思います。

 

九大の化学は典型問題が多い

「旧帝大だから、化学の入試問題も難しいんでしょ?」

なんて考えている人はそれだけで損しています!

 

九州大学の化学は典型問題が基本です。

新傾向の問題はほとんど出題されません。

特に理論化学の問題では、基本的な語彙が穴埋めで出題されます。

勉強法のところで書きますが、典型問題をこぼさずに得点することが何よりも大事になっていきます。

 

基本的な用語の穴埋めでも10問あれば、1つ1点で10点にもなります。

その点の取り方が非常に大事になってきます。

 

九州大学の化学は応用問題は?

では、応用問題は出るのでしょうか?

これは勿論でます!

一応旧帝大ですからね笑

 

ただ、応用問題が出題されるとは言っても、

思考力を要するものはほとんどありません。

応用問題レベルの問題が出るというだけで、その多くは難易度の高い典型問題です!

つまり九州大学の化学の問題は、基本問題・応用問題ともに典型問題が多く出題されるので、勉強量が点数に直結します!

 

九州大学の化学は問題量は多い

九大の化学の特徴としては、問題量が多いことがあげれらます。

75分の試験で解答するべき大問は6題あります。

どの大問にも計算問題が含まれるので、化学の演習を積んでいない人からすると時間内に解き終わるのは難しいかもしれません。

 

基本問題は反射的に解くことが必要条件でしょう!

その上でしっかり応用問題に時間を残すことが大事になってきます!

 

九州大学の化学の難易度

 

では九大化学の難易度はどうなっているのでしょうか?

 

九州大学の化学はやや難

典型問題がほとんどなら簡単なのでは?と思ってもらったら困ります。

勿論、しっかり演習を積んでいる人からしたら簡単の分類に入るでしょう!

 

しかし、客観的に九州大学の化学を評価すると、標準〜やや難が妥当かと思います。

典型問題ばかりなら、直前から初めても間に合うでしょ?

なんて考えはやめてくださいね!笑

 

九州大学の化学の勉強法

 

では今回の本題に入っていきましょう!

九州大学合格のための化学の勉強法!

これをしっかり説明していきたいと思います。

 

典型問題が多い九州大学だからこそ、正しい勉強法は学習に大きな効果を生みます。

是非、この記事を参考にしていただければと思います。

 

九州大学の化学対策の問題集

では、どのような時期にどの問題集をしていけばいいのでしょうか?

 

① セミナーなどの学校指定教材

「まずはセミナー!」これに尽きます!

”竜文会”に通っている生徒を見ていても、セミナーを学校で配布されている生徒は多いです。

(というか、ほとんどの生徒が配布されています、、、セミナーの著者も丸儲けですね笑)

 

ちなみに九州大学に限らず、大学入試の化学の勉強をするにあたり一番大事なのはここになってきます。

基礎を徹底して最初に身につける!

当たり前のようで、九州大学の化学で高得点を狙いたい場合は非常に大事なことです!

 

まずはセミナーなどの学校で配布されたもので十分です!

反復して反射的に解けるようになるまで取り組みましょう!

この、反射的にというのが解答速度を上げる練習にもなり、大事です!

 

「セミナーなんて、、」と思って放置している人も多いのではないでしょうか?

しかし、セミナーは基礎問題演習にとって非常に優れた問題集です。

(セミナー以外にもリードαやアクセスなども学校配布教材では優れています。)

 

というのも、セミナーには問題数が600題程度掲載されています。

(例題を含めればもっとあります。)

問題数をこなすこと=生命線ですから、セミナーは化学の勉強にとって非常に大事な存在です。

※ 高校の先生が、何も考えずに定番だからとセミナーを配布してくれている現在の状況は感謝に値しますね笑

 

高校生が化学の勉強で最初に取り組んでおくべきことは、基礎問題の定着です。

最低3周はこなして、知識を定着させること!

これが化学の出発点です!!!!!

 

② 化学重要問題集

セミナーなどの教材が終わった分野から、「重要問題集」に取り組むことをお薦めします!

大事なのは、セミナーなどを疎かにして重要問題集に入ってはいけません。

(せっかくのいい問題集が不完全燃焼で終わってしまいます。)

 

重要問題集に取り組む意味

結論から言いますと、

この「化学重要問題集」を完璧にこなせば、

九州大学の化学で合格点を余裕にとることが可能です。

(他の学部は勿論、医学科の最低ラインも超えることができます。)

 

この問題集をこなすことが、現在の大学入試の化学の勉強において一つの基準になっていることは真実でしょう。

 

重要問題集の取り組み方

では重要問題集にはどのように取り組んでいけばよろしいのでしょうか?

多くの人は、セミナーなどを一冊完璧にしてから取り組むのがいいのでは?

と考えるかもしれません。

 

勿論、学校の授業の進度が早ければ問題ないでしょう。

しかし、コロナウイルスの影響もあってか、この前筑紫丘高校の生徒に化学の進度を聞くと、「化学基礎が終わったばかり!」と言ってました。

この授業進度で学習していると、セミナーを解き終わるのは高校3年生の共通テスト前でしょう!

とてもではないですが、重要問題集に取り組んでいる時間なんてありません。

 

ですから、私はセミナーなどの教材でこなした単元は、随時重要問題集で学習することをお薦めしています。

今教えている生徒で
学校の進度が遅い高校生3年生の子には、セミナーで学習した範囲の重要問題集を取り組むように言ってましたが、その生徒は高校3年生の9月時点で重要問題集の理論・無機化学は3周しております。

(ペース的にはかなりいい勉強ができていると思います。)

 

上の生徒の例はかなり充実した勉強ができている場合ですが、中高一貫校の場合はこれよりも早いなんてことは普通にあります。

大学受験で勝負するためにも、重要問題集には計画的に取り組みましょう。

  

③ 化学の新演習(余裕のある人)

重要問題集が終わると、次の問題集は化学の新演習になるですが、

正直言って九州大学にこのレベルは必要ないでしょう。

  

化学の新演習のレベル

「化学の新演習」は高校化学の集大成のような問題集ですが、

ここまで取り組む余裕は中々ないと思います。

(特に現役生には、、、)

 

レベル的には東京大学を目指したい人・旧帝大の医学科を目指したい人向けでしょうか。

上記の重要問題集のB問題よりも難しい問題が多く掲載されています。

(重要問題集は問題のレベルでA問題とB問題に分かれています。)

 

化学の新演習に取り組むべき人

では、どのような人が化学の新演習に取り組むべきなのでしょうか?

それは化学の重要問題集に加えて、他の科目にも余裕がある人でしょう!

 

化学の重要問題集が完成したからと言って、新演習に進む必要は全くありません。

重要問題集を完璧に仕上げることで、医学科以外の学部なら余裕で合格点を超えることができるでしょう。

医学科でも合格ラインの点数を確保することは可能です。

 

それなら他の科目に勉強時間を回す方が効率的です!

他の科目にも余裕がある人のみが新演習に取り組む!

これが大事です!!!

 

九州大学の化学・過去問演習

では次に過去問のお話をしていきます。

とは言っても、重要問題集を完璧に仕上げることで過去問は十分に解くことができるかと思います。

 

九大化学の過去問を解く目的

では、過去問を解く目的は何なのでしょうか?

 

① 形式に慣れること

九大化学の過去問は典型的な良問が多いので、数多く過去問をこなす必要性は全くありません。

数年分解いて、形式に慣れましょう!!!

 

九大化学の特徴としては、75分で6題とややボリュームがあります。

「この大問には何分くらいかける」

という感覚を過去問演習を通じて養っていくことが肝要です!

 

② 苦手分野を抽出する

あと大事なのは苦手分野を補強することです。

多くの人が化学平衡の応用問題が出題されたときに難しいと感じるようです。

 

このように過去問演習を通じて苦手な分野や不安な分野があったときは、重要問題集でしっかり演習をし直しましょう!

 

これだけを意識して数年分解けば過去問演習は十分です!!!

 

まとめ

 

今回は九州大学入試の化学について勉強法を紹介していきました!

化学は点数がとりやすい上が、時間がない人は完成していないので差がつきやすい科目になっています!

 

是非この記事を参考に、他の受験生に差をつけてもらえればと思います!

 

九州大学医学部発 ”竜文会”

今回の記事は、

九州大学医学部発 大学受験塾 竜文会の塾長による記事になります。

 

自身が九州大学医学部に現役で合格した経験に加え、九州大学の過去問の研究で学び、九州大学志望の生徒に適切な指導をいたします。

”竜文会”のサービス提供はこちら

・問題演習ベースの効率的な授業

・個人毎のオリジナルカリキュラム作成

・完全質問対応

その他のサービスはこちらから

 

今回の記事や”竜文会”のことで興味を持っていただけたら、お気軽にご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら

当塾にご連絡いただける方は以下のいずれかよりお願い致します。

お電話

092-600-0101

メール

ryuubunnkai@gmail.com

LINE

以下のボタンより公式LINEを友達に加えることができます。

お問い合わせフォーム

 

>九大医学部発 

九大医学部発 "竜文会"



"竜文会"では難関大学現役合格のために全力で生徒をサポートします!

今始めなければ必ず後悔する。
一緒に頑張ろう!

いつでもお気軽にお問い合わせください。

電話:092-600-0101

mail: ryuubunnkai@gmail.com

CTR IMG